日本の科学者がアンチエイジングワクチンを開発

日本の科学者がアンチエイジングワクチンを開発

日本の研究グループは、アンチエイジングワクチンを開発していると述べました。それはあなたが年齢とともに蓄積し、隣接する細胞に損傷を与えるいわゆるゾンビ細胞を取り除くことを可能にします。ジャパンタイムズはそれについて書いています。

順天堂大学の南野徹教授が率いる科学者たちは、ヒトとマウスの老化細胞に見られるタンパク質を特定しました。その上で、ヒトの免疫系を活性化し、分裂を停止した細胞を攻撃するように強制するペプチドワクチンが作成されました。

テストは、薬がマウスの体内で抗体の産生を引き起こし、それが白血球を介して体内の老化した細胞を攻撃することを示しました。薬物を服用している実験用齧歯動物の平均寿命は、対照群と比較して15%増加し、動脈硬化に苦しむ個人では、血管の損傷領域の有意な減少が観察されました。

薬が人間の臨床試験に承認されるかどうかはまだわかっていません。たとえそうなったとしても、結果が出るまでには少なくとも数年はかかります。

それにもかかわらず、発見は非常に有望に見えます。結局のところ、細胞の老化は、アルツハイマー病やパーキンソン病、白内障、心血管疾患、2型糖尿病、癌など、老年期の多くの病気と相関しています。新しいワクチンは、治療を大幅に進歩させるのに役立つ可能性があります。