WHOは世界106カ国で「オミクロン」の発見を発表しました

WHOは世界106カ国で「オミクロン」の発見を発表しました

世界保健機関(WHO)は、オミクロンコロナウイルス株による感染の症例が世界106カ国で記録されたと報告しました。

この亜種は、免疫レベルが高い国でも、以前は優勢だったデルタよりも速く広がります。ただし、オミクロンの臨床的重症度に関するデータはまだ限られています。

英国と南アフリカでの入院数は増え続けており、すぐに地域の医療制度に過負荷をかける可能性があります。

また、この病気の新しい症例の急速な増加は、現在、西太平洋、東南アジア、および東地中海の州で記録されています。

WHOは、コロナウイルスの新しい亜種に関連する全体的なリスクを非常に高いと評価し続けています。

世界保健機関が11月26日に初めてオミクロンの同定を発表したことを思い出してください。予備的な証拠は、他の株と比較して、コロナウイルスのこの変異体による再感染のリスクが高いことを示唆しています。